妊活に『基礎体温』がとっても大切な理由

赤ちゃんが欲しい!と思った時にすぐできる方ってそんなに多くはないと思います。

大きく簡単に言うと、

1.卵子

2.精子

3.子宮

の3つが揃って初めて妊娠~出産を経て赤ちゃんが誕生するのです♪

ただ、3つ揃っていればいいなんて、そんな簡単な話ではありません。

卵子は、お母さんのお腹にいる胎児の時から存在し、その数700万個と言われています。それが、この世に誕生した時には200万個、初経の頃の思春期辺りでは20~30万個なのだそうです。その卵子が卵巣の奥で眠っていて、ある時目を覚まして180日間かけてじっくり育ちます。排卵の3か月前からホルモンの影響を受けて成長し、いよいよ排卵の周期の月経後、数個が目に見えて育ち始めますが、そのうちの選ばれた1個が急速に育って成熟し排卵するのです。

この選ばれた1個の卵子が排卵できるには、卵子の質が良く、ホルモンが正常に分泌されて、卵子がホルモンに上手に反応できる力を持っていることが大切です。

精子は、新しく作られるということが、卵子との大きな違いです。

子宮は受精卵~胎児のベットです。まずは受精卵がベットに潜り込む(着床)ためにもフカフカの子宮内膜が必要です。そのためにも血(栄養)がたっぷり必要ですし、定期的に不要となった内膜のお掃除(月経)、また新鮮な内膜の厚さづくり(低温期)も、柔らかさ(高温期)も大切です。

 

ホルモンを体内に入れるだけではなく、卵巣、卵管、卵子、子宮内膜、精巣、精子etc.の身体の準備もとっても大切です。

生理を整えたり、血を増やす漢方薬を飲んで妊娠される方もいらっしゃいます。

病院の不妊治療にも漢方の治療を組み合わせて妊活されている方も多くいらっしゃいます。

漢方薬局としてお手伝いできることは

1.育つ力のある卵子

2.元気な精子

3.着床して育ちやすい子宮

これらのエネルギーをUPさせるお手伝いです♪

基礎体温を整える、生理痛の改善、子宮筋腫、チョコレート嚢胞、多膿疱卵巣などの疾患に対するケア、

身体を整えるお手伝いいたします♪

ぜひ中央薬局へお気軽にご相談ください😊♪